彩都のナチュラルカフェ「天使の時間」 和菓子
FC2ブログ

妻の人の大好きな大分の郷土菓子「ゆでもち」を作ってみました

ゆでもち1


小麦粉の生地にあんこを包んでうすーく伸ばし、
ゆでただけのシンプルな和菓子。
それが大分の郷土菓子、ゆでもちです。

小麦粉の皮のムッチリとした歯ごたえと粒あんの甘さが
絶妙にマッチしていて、けっこうやみつきになるんです。

ゆでもち3

大分に行った時は必ず買うのですが、大阪でいつでも
食べられるように、と作ってみました。

【作り方】
(材料)10個分
・小麦粉(地粉)…250g
・塩…ひとつまみ
・水…125cc
・粒あん…250g

1、ホームベーカリーのパンケースに、小麦粉と塩、水を入れて、パン生地コースをスタート。
  5分ほどこねて、なめらかな生地になったら、取り消しを押して、生地を取り出す。
2、1の生地をひとまとめにして、ラップにくるみ、冷蔵庫で30分ほど寝かせる。
3、粒あんは10等分にして丸めておく。
4、2の生地を10等分にして、ひとつずつ円形に手で広げてあんこを包む。
  破けないようにていねいに手で平らにのばしていく。
5、鍋に水を入れて沸かし、4の生地を1枚ずつゆで、浮かんできたら
  冷水にくぐらせクッキングペーパーで水気をふき、ラップで包む。

ゆでもち2

※ふるさと大分の懐かしい味。妻の人の大好物です♪
あんを包んだ生地を薄くのばすのが難しいのですが、
今回は夫の人がとっても上手に作ってくれました(*^_^*)
生地はホームベーカリーのこね機能を使うので、とっても簡単です。
冷蔵庫で寝かせるのがポイントでしょうか。
スポンサーサイト

今週末は第三土・日曜日、カフェ天使の時間オープンの週、今週の目玉は・・・田舎ぜんざいにしようかな

P1120230.jpg

1月はお餅の季節ですよね。
お餅はいろんな食べ方がありますが、我が家では
ぜんざいが人気です。

今週末は彩都ナチュラルカフェ「天使の時間」オープンなので
スペシャルメニューをいろいろと考え中ですが、
おぜんざいもいいかな、と思っております。
なにかひとひねり加えたぜんざいができるといいのですが。

どうなるか、お楽しみに。

昨日は月に一度の実家訪問、ナチュラルスイーツを持って伺いました

10752179673_110743bd4a_c.jpg

毎月一度は、夫の人の実家に伺うようにしております。
夫の人の実家は夫の人の母親の一人暮らし。
昨年末に膵炎を煩ってから、食べ過ぎ、太り過ぎを
気にしていて、できるだけ甘いものを
控える食生活を続けていますが、実は甘いものが大好き。

そこで、安心して食べてもらえる甘いもの、として
ナチュラルなスイーツを
作ってお土産に持っていくことにしています。

今回作ったのは、コラボカフェ天使の時間でもおなじみの
蒸しパンです。

今回は甘みにきび砂糖と安納芋を使いました。
蒸しパンなら、卵も乳製品も油脂も使わないので、
安心して食べてもらえるので。

おかあさん、食べ過ぎはよくないけれど、
あまり気にしすぎるのもストレスになりますからね。

天使の時間のナチュラルスイーツを少しずつ食べて、
甘いものも楽しんでくださいませ。


10月にお出しした人気メニューのご紹介「フルーツ蒸しパン」

IMG_9997.jpg

今月のコラボカフェ「天使の時間」でお出ししたメニューのうち、
人気の高かったスイーツをご紹介いたします。
一番人気はこの「フルーツ蒸しパン」でした。

夏の間は休止していた蒸しパンですが、一気に涼しくなったので
今月より再開しました。

今回からは内容をバージョンアップして、ミックスベリーを
入れたフルーツ蒸しパンと鳴門金時を入れたスイートポテト蒸しパンの
2種をセットにしました。

涼しくなったせいか、蒸しパンをお選びいただいたお客様が
多かったようです。
フルーツ蒸しパンはベリーの香りが漂ってとってもフルーティ。
スイートポテト蒸しパンは鳴門金時の甘さが生地とマッチして
ボリューミー。

この秋冬は、蒸しパンメニューを充実しようかな、と思って
おります。


彩都ナチュラルカフェ「天使の時間」の次回の営業日は
11月第三週目の土曜日16日と日曜日17日でございます。

場所はこちらのKJ WORKSさん内です。
http://kjworks.co.jp/kurashinomori/

しばし時間が開きましたが、わらび餅試作第6弾、これで完成!

9016018482_8917561f7a_z.jpg

タピオカ粉で作ると絶妙にやわらかいわらび餅ができることが
判明したのですが、タピオカ粉だけではどうにもコシが足りない
こともまた、判明しました。

ということで、タピオカ粉に寒天を混ぜてみたりして、工夫を
したのですが、やはりあの独特の歯ごたえが出てこない。

やっぱりわらび餅粉は必須だな、という結論になり、
わらび餅粉の含有率を調整しながら、今回が試作6回目。

ようやく満足のいくやわらかさと弾力のバランスが出せた
ようです。

ということで、次回のコラボカフェ「天使の時間」の
メインスイーツは

「わらび餅」

で決定です〜。
プロフィール

天使の時間

Author:天使の時間
落ち着ける空間、心を満たすドリンク、魅惑のスイーツ。 箕面市彩都で月に一度だけオープンしております。
場所は、大阪府箕面市彩都粟生南1丁目16-29
KJ WROKSさん内です。
http://kjworks.co.jp/kurashinomori/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR